バス路線図を作ってみる(5)

最終更新日

Comments: 0

お正月にgoogleマップを見ながら、やっぱり地図って面白いなあと思い、また路線図を作ってみました。illustratorは得意ではないので、勉強のためにもとチャレンジしましたが…。やっぱり時間がかかりますね。振り返ってみたら、前の路線図はゴールデンウイークのときでした。連休になると地図を作りたくなる?

今回も技術評論社『Illustrator+無料アプリでここまでできる!クリエーターのための[超速]地図デザイン術』を片手に作成しました。

 

▼以前につくったものの記事です

 

 

今回の対象地域

冒頭のとおり、googleマップを眺めていて那須烏山市付近を見ていて思い出したのですが、以前このバスに乗ったことがあり、自治体のホームページでもそれほど細かい路線図がなかったので作ってみようと決意しました。

 

写真は那須烏山市の観光地「龍門の滝」とバスに乗車したときの「市塙駅」です(市塙駅は隣の市貝町になります)。

 

 

完成したもの

シンプルですが、以前より拘って枠や市街地のルートなども付け加えてみました。

2つの路線をそれぞれ作成しました。那須烏山市のホームページには馬頭烏山線の案内もありますが、こちらは那珂川町のコミュニティバスとなるため作成は見送りました。

国土数値情報「バスデータ」(国土交通省)及び基盤地図情報(国土地理院)を加工して作成

※趣味で作成した路線図です。間違えがありましても自治体等への問い合わせはしないようお願いします。

  

国土数値情報「バスデータ」(国土交通省)及び基盤地図情報(国土地理院 ) を加工して作成

※趣味で作成した路線図です。間違えがありましても 自治体等 への問い合わせはしないようお願いします。

 

今回のポイント

フォントは以前購入したものを使用し、少しはデザイン性を向上?させました。国道番号のパーツはイラストAC【無料イラストなら【イラストAC】】を使用しました。

それ以外はいつもの方法といった感じです。これは!っていう領域に達していません。センスとはこんなものかと。

 

 

まとめ

今回はバス路線図を作ってみる第3弾でした。細かい作業(QGISからのデータ移行と鉄道線のパーツ)はすぐに忘れてしまうので、 『Illustrator+無料アプリでここまでできる!クリエーターのための[超速]地図デザイン術』 に付箋をつけて使っています。

 

 


シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする