最終電車間際の到達可否を図化(2)

最終更新日

Comments: 0

前回NetworkXで図化したものの、GISでやってみればいいんじゃないの?ということで、QGISを使用して図化しました。3枚ほど掲載します。

GISの方が慣れているせいか、うまく仕上がりました。ちなみに、前回作成したNetworkXの図にGIS(周辺自治体)を重ね合わせたものがこれです。

 

まとめ

今回はNetworkXとGISで図化しましたが、それぞれのメリット・デメリットがあると思います。見た目は(今の私のスキルでは)GISが圧勝ですが、分析とかが絡んでくるとNetworkXのほうが色々できると思います。

NetworkXで分析を行って、綺麗な見た目(エッジも地図と同じ)を表現するにはどうしたらよいか・・・と思う次第です。

 

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする