パソコン本体を買い換え

最終更新日

Comments: 0

パソコンを仕事用とプライベート用の2台を使用しています。両方とも10年以上前に発売されたもので、仕事用はそろそろ買い換えようかと…。両方ともWindows10にはバージョンアップしていますが…。

 

 

引退する「HP Touch Smart IQ535jp Desktop PC」

こちらをプライベート用に使用していましたが引退してもらいます。

当時、タッチパネルが珍しかったので購入しました。今のipadなどとは違い、通常のディスプレイと構造が同じで液晶と枠に段差があるため、四隅が非常にタッチしにくいという…。それ以外は特に問題もなく、画面も綺麗でよいマシンでした。

▼パソコンの処分についての記事

 

 

最近は動画を見る程度で、Office(2013)はフリーズばかりしていました。仕事用のパソコンを2画面で運用していたため、そちらに繋いで3画面とかもやってみましたが、USB接続でしたので動きも遅く、あまり使いませんでした。

ついでにモニターアームとデスクはサンワサプライ製を使用しています。

 

モニターアームは『100-LA043』を使用していますが、上記のような上下2段はあまり使用せず、左右で使用することが断然多いです。こちらはサンワダイレクトでのみ?取り扱っているようです。

デスクは『100-DESKF006LBR』です。シンプルで組み立てが楽でした。

 

 

継続使用する「HP Compaq 6000 Pro SF Desktop PC」

こちらは仕事用として使用していましたが、買い換えに伴いプライベート用に変更することにしました。

こちらもかなり古いマシンで、いつだったか覚えていないのですが中古で購入しました。当初はゲームをやるためだったのでSSD化やグラフィックカードを追加しています。そのため、現在もそれほど問題なく動いています。32ビットなので一部のソフトに非対応くらいでしょうか。

 

今回購入したのが「HP ProDesk 400 G6 Desktkop」

モニターアームを利用していたので、小型PCを導入してみようと思いました。最近は様々なメーカーから発売されていましたが、今までのHPの利用経験が主な理由ですが、公式ページにモニターアーム(VESA規格)の取り付け方法が確認できたのでこれにしました。最後に予算は10万円以内としました。(会計処理の都合です)

このモデルはHPDirectplusで取り扱っている法人向けモデルになりますが、広告でも良く見かけるとおり、個人の方でも購入できます。

頻繁にセールやクーポンの発行を行っているので要チェックです。

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

購入したマシンのスペックは以下の通りです。総額で91,265円(税込)でした。ただし、後述するVESAジャケットを除きます。

当時は週末キャンペーンを行っていたため、現在同じスペックで購入しても違う金額になるかと思いますが、キャンペーンは頻繁に行っていますので、気になる方は見積もってみると良いと思います。

  • プロセッサー:Intel(R) Core(TM) i5-10500T(6C/2.3GHz/12M)
  • メモリ:16GB (8GBx2) DDR4 SODIMM 2666MT/s【カスタマイズ+8,000円(税抜)・デフォルトでは8MB】
  • ストレージ:128GB SSD (M.2 NVMe PCIe TLC)【カスタマイズ-4,000円(税抜)・デフォルトでは256GB】
  • 周辺機器:モニター無し、無線LANなし、キーボード・マウスなし、タワースタンドなし【-500円(税抜)】
  • ソフト:Windows 10 Pro (64bit) (日本語版)、Microsoft Officeなし、ウイルスソフトなし

キーボードなどは0円ですが、既にあるものを使用するので「なし」を選択しました。こういうのって嬉しい選択肢だと思います。

あと、オプションで選択できないのが「VESAジャケット」です。これはモニターアームに設置するために必要となります。改めてHP Directplusで購入します。価格は3,740円(税込)です。

 

 

届いたら早速設置

発注から配送まではちょうど一週間でした。早速設置してみます。

段ボールは専用サイズで到着。近くにあったガムテープと比較。(キーボードとの仕切りに使う段ボールも入っていましたがもちろん空です。)

 

VESAジャケットも一緒に到着。

 

 

本体とACアダプタ

 

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

 

設置する前にHDD(以前ノートパソコンで使用していたもの)を流用して、取り付けます。ネジを外してスライドさせると開けることができます。

 

 

VESAジャケットです。セットする向きには注意(いろいろ触っているとわかります)。メーカー純正だけあってフィット感がとてもいいです。

 

サンワサプライのモニターアームに取り付けてみるとかなり良い感じです。モニターは古いものですがアイ・オー・データのLCD-MF225XBRという機種です。

 

 

ioPLAZA【DVDミレル】

 

コネクタ類を繋いでいると、ディスプレイポートのケーブルを購入するのを忘れていました…。HP Directplusのオプションでも選択できるのですが、Amazonでアウトレット品があったのでそれを購入。

 

 

設置完了。こんな感じでデスクを広く使えるようになりました。

ついでに100円ショップのまな板スタンドがキーボードを立てかけるのに便利です。小型テレビはプラスマイナスゼロのものです。(昔にヤフオクで購入。今でも愛用しています。)

 

 

もう一方のモニターには地上デジタルチューナーをHDMIで接続して、テレビを見られるようにしています。チューナーは古いですが東芝のD-TR1です。まだまだ現役。取り付け金具はStarTech.comのホルダーを使用。

 

 

 

モニターを回転したり、縦方向に並べたりするとこんな感じです。

 

まとめ

今回はパソコンの買い換えについて紹介しました。

超小型PCも将来の拡張性(特にグラフィックカードなど)を気にしなければ十分なスペックだと思います。是非ディスプレイアームとの組み合わせを検討してみてはいかがでしょうか。

 

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする